0期 竹内康代さん

Q:今、企業領域でどんな仕事をしておられますか?

A:保育園の管理職研修、スタッフ研修。今年度よりキャリア面談。中小企業の従業員面談等です。

Q:どうやってその仕事をするにいたりましたか?

A: 3年前プロキャリ塾の最後の課題「自分のエッジを立て営業する」で私は幼稚園・保育園に営業に行くことを決め、プロキャリ塾修了後、6ヶ月後から開始しました。先ず次男が通っていた地元の保育園の園長先生に手紙を書き、アポを取り、従業員面談のお勧めをするため、ドキドキで伺いました。田邊先生にも同行頂きましたが、残念ながら1回目の訪問では仕事に結びつかず、その後園長先生と町内でばったり会った際に近況を伺ったり、季節のご挨拶をお送りしたりして、2年後の昨年秋にやっとキャリア相談や従業員面談の仕事に結びつけました。営業活動は定期的に手紙やメールでご連絡を取りながら行っています。

Q: プロキャリ塾で学んだことが現在どのように生きていますか?

A: 従業員面談の準備や報告の実務にめちゃめちゃ役に立っています。面談の前には経営者様や人事の方と事前打ち合わせを行う、終了後には報告書提出や報告会を行うことの1からを学びました。従業員に寄り添う傾聴の面談から、課題に基づいた面談まで キャリアコンサルタントとしての視野と考えが広がりました。

Q:プロキャリ塾で学んで特に良かったと思うことは何ですか?

A: ①何より田邊先生にお会いできたこと、いろいろとご指導いただけたこと。
②従来の従業員さんに寄り添う傾聴一辺倒から、従業員のやる気を引き出し、経営者さまの要望も伝えられるようなキャリアコンサルタントになれたこと。
③経営者さまに従業員さんの想いも伝えられるキャリアコンサルタントになれたこと。
④積極的に営業をしようと思えたこと。
⑤向上心があり前向きなキャリアコンサルタントの仲間ができたこと。

Q:今までの苦労話を教えてください。

A:方向音痴なので、訪問する企業が地図と携帯2Way駆使してもたどり着けない、ビルとばっかり思っていたら普通の一軒家で見つけられず泣きそうになったこと、現地には常に30分近く前に到着していますが、突然の雨の中近くの公園で時間をつぶし悲しくなったこと。そんな時は、向いてないかなぁと悲しくなりました。(笑)
また、従業員面談で、「興味のある事:ラグビーワールドカップ、今後の課題:富士山登山。 相談したいこと:なし」と書かれた面談準備シートをポンと出されて、腕組して睨まれた時には、さてぇ~そう来ましたかとちょっと苦笑い。ちゃんと面談して成果を上げましたが。

Q:企業領域で活躍したい後輩へのアドバイス

A: 企業領域のキャリア面談は、まだ、企業「内」キャリコンによる面談と思われていたり、報告書と守秘義務について都度悩んだりと、一つ一つきちんと説明し、自分で納得して経験を積んでいく新しい領域です。私も日々学びながら歩いています。